calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

【番外編】空(くう)とおとうさん☆

いつも楽しくがモットーなイギーブログですが、今回だけ少〜し番外編です。
ちょっとだけしんみりしたお話なので、苦手な方はスルーしてください☆ 
まるで小説の中の話のようで、なんとなくいまだに不思議な出来事です。

先月、私の父が70年の生涯に幕を閉じました。 
父はちょうど一年前に病気が発覚し、その時点で「1年生存率 1%未満」という段階の非常に厳しいものでした。
奇跡を信じて果敢に闘病しましたが、奇跡は起こらず、典型的なパターンで病気は進行していきました。
父には9歳になるゴールデンレトリバーの空(くう)という愛犬がいました。定年退職後には大型犬と暮らすというのが父の夢で、最愛のパートナーでした。 
まだ小さい孫達のことはもとより、父が一番心配していたのは空のことでした。 「空を残して逝くわけにはいかない」といつもいつも心配していました。

父は入退院を繰り返しながらの闘病でしたので、父が入院中は空もやはりどことなく淋しそうで、父も「空はどんな様子だ?」と病室でもいつも気にかけていました。 でも退院すれば空に会える、そんな原動力もあって、父は副作用に苦しめられながらも本当に辛い治療を頑張っていました。

昨年の10月末日、前日に私たちがお見舞いに行ったときは普通に会話もできていた父が、翌朝肺炎を併発し、危険な状態になり集中治療室に運ばれました。白血球の数値もあまり良くなかったので「もしかしたら今回だめかもしれない」と言われました。
そんな母からの連絡があった翌日、その朝までいつも通り普通にごはんも食べ、お散歩時の様子も変わりなかった空が、午前中に突然バタッと倒れたそうです。
たまたま実家の近所に住む弟が出社前だったので、母と一緒に動物病院に運んだところ、あと数日の命でしょう、と言われました。
私もその2日前に空に会っており、そのときも空は元気にベビ子と遊んでいたので、急にこんなことになるなんて全く信じられませんでした。 

生死の堺をさまようくらい弱っている父にそんな話はできません。母はいつも通りの顔で病院に通う必要があったので、翌日から私が実家に空の看護手伝いに行くことになりました。
ですが、その矢先…その日の夜21時過ぎ、空はそのまま息を引き取りました。 最期の瞬間、自分が一番大好きだったソファの上(父の膝の上で甘えて一緒にいつもくつろいでた場所)まで自力であがり、とても安らかな顔で息をひきとったそうです。

翌日父は奇跡的に一命をとりとめ、一般病室に戻る事ができ、その後も少しずつ体力を回復していきました。 
あまりにも空の死は突然過ぎました。
最愛の父への恩返しなのか、タイミング的にも自ら進んで身代わりになったかのような気がしてならなかったのです。 
家族の全員がそう感じ、空のけなげさを思い涙がとまりませんでした。 

後日母に聞いた話では、父が集中治療室に入って生死をさまよっていた日(空が亡くなる前日)、空が庭でせつなそうに遠吠えしてたそうです。遠吠え自体が初めての事で、しかも後々思い返すと父の病院の方角に向かって吠えていたといいます。 
(今思うと、父の命が危ないという話を母が自宅の電話から私にしていた時、空は母と同じ部屋にいたので、その話を聞いていたのかもなぁとも思ってしまいます…)

お見舞いに行くたびに「空の様子はどうだ?」と聞く父に「やっぱり少しさみしそうだけどね…」とごまかし続けるのも心苦しく、父の体調が少し回復した頃を見計らって、母と弟から本当の話をしてもらいました。
父は涙ながらに「残りは空がくれた命。その命が数日なのか、数ヶ月なのか、それは問題ではない。空を悲しませないためにも、空から授かった命を大事に大事に生きていく」と言いました。
そして、それからその後 約4ヶ月生き抜きました。
その4ヶ月の間、ベビ子の初めての誕生日、母の誕生日、最後のお正月も父と家族みんなで過ごさせてもらうことができました。最後に写真館に家族写真も撮りに行きました。本当に濃くて貴重な貴重な4ヶ月になりました。

本当に、空にも父にも感謝の気持ちでいっぱいです。

このイギーブログも、実は一番の愛読者が私の父でした。 
今年1月の最初の記事に、さりげなく父親に向けてのメッセージを書きました。おそらく父も受け止めてくれたようで「お正月、いろいろ大変だったね、ブログの更新もご苦労だった!」というような事を何度も言われました^^ 
身近な人に「こころからありがとう」って伝えていくのって、大事なのに実は本当にむずかしかったりしますよね。 でも、ちゃんと伝わっているといいなぁと願うばかりです・・・(ღˇ◡ˇ)

今頃は空ちゃんと父が再会し、いっしょに仲良く心穏やかに過ごしいることを願ってやみません。そんな想像をするとなんだか微笑ましくて、不思議と寂しさよりも、むしろふたりがいつも近くで見守っていてくれているような安心感すら感じてしまいます。

この1年、正直うろたえる事も多々ありました。
でも、弟たちに「いつかは誰もが通る道、最期はみんなで明るく送ってあげようよ!そして残された時間で感謝の気持ちを伝えて行こう」と言われ、とても前向きな気持ちでこの1年を悔いなく過ごす事ができました。 
「自分の心の中では空は生き続けている」と父はいつも言っていました。 
だから、私の心の中でも父も空もずっと生き続けています。

今回、迷いましたがこの事は書いておきたいと思いました。 

また次回からいつものおまぬけブログに戻りますので・・・よろしくお願いします(๑′◡‵๑)☆




ありがたみ

はだかんぼうのあまえんぼう。

うすうす「お風呂の日」って気付いちゃったイギの目の不安そうなこと。

旦那に呼ばれ、イギさん毎度心臓ばくばく&無抵抗のお風呂タイムです★

どうもまだお風呂苦手みたいなんだよね。すきあらば すぐ逃げ出すし!

でも、さっぱりして気持ちよかったでしょう・・・?

お風呂にはいれるということにこころから感謝しないといけない。
今まで当たり前のように思っていたことのありがたみを再認識する日々。



月に願いを

今日は写真撮らなかったので・・・
先日代々木公園行った帰りすがら、ARMSでごはん食べときの写真を☆

以前一度行っただけなのに、ちゃんと覚えてたのかな?お店の前で「絶対このお店にはいるっ!」って感じでイギさんがふんばるものだから!

お店入っても、キミはな〜んにもやることないのにね☆

行きは、渋谷の人ごみをイギ連れで通るのはちょっと…と思って遠回りしたんだけど、帰りは思い切って通ってみた。金曜日の夜だったのに、渋谷マルキューの前もまさかのこんな感じ。
これは、ほんとに滅多にないコトじゃないでしょうか。
マルキュー前をイギとさんぽするなんて…。。。

そして、昨夜は何十年に1度の「スーパームーン」でした!
旦那が午前4時8分が一番らしいって言うので、わざわざ見に行きました。
雲がかかっちゃってキレイには撮れてないですが。。。

それが方法として合っているのかわかりませんが、とにかくいっぱい、お願いごとしてきました!!!
日本のこと、東北のこと、親族家族のこと・・・いろいろ!

スーパームーンさん、お願いよ〜〜〜!!!



太陽とお花パワー

今日はとてもいいお天気。近所の公園におさんぽ行きました☆

あれから約一週間が過ぎました。みなが不安で不安定な一週間でした。
久しぶりに公園の芝生にすわって日光浴してる家族をいっぱいみました。

河津ざくらもソメイヨシノに引き継ぎまで(?)まだまだ頑張ってます!

これは桜?桃?梅?ちょっと全然わかってないんですが咲き始めてます☆

外に出ると、太陽とか花とかが元気くれます!ありがたいです…♥

と、いいつつもさっきまた茨城で震度5強の揺れが・・・!
東京は震度3だけど、またイギと机の下へ。…もうやめてけれよぉ〜。

安心して過ごせる日々が一日でもはやくきますように・・・☆



ちょっとずつ

昨夜のイギさん☆ おてて完全収納で省エネ風味です。なんとなく。
いぬたんぽとしてもNOエアコンに一役かってくれるんですヨ。

家にいるより節電になるかな…と、今日の夕方はじめて代々木公園までロングさんぽしてみました。片道なんだかんだで約1時間☆

ドッグラン到着。待望の「おぱんつ」も装着完了です☆

立派なワンさん達ばかりで…おぱんつのとっちゃん坊やイギだけだぁ…。

久しぶりに思いっきり走ったね☆

今日のお昼は「Clover's」というパンケーキ屋さんが「本日の売上げ全部被災地に寄付します!」と頑張ってらしたので、食べに行ってきました。

結果、95,455円になったそうです☆
みんなみんな、できることから頑張ってる!ひしひしと感じます。



| 1/2PAGES | >>